目の下のたるみ、まぶたのくぼみ、クマ、小じわ…。目元のエイジングサインが顔全体を老けさせます。
鏡を見てドキッとしたら、アイクリームの始め時!
30歳を過ぎたらいつもの基礎化粧品にプラスして、積極的に解消しましょう。

目の印象が華やかになるアイクリームランキング

ビーグレン

なかなかケアできない目の上のくぼみまで!瞳全体をぐるりと回復!

気になるのは…
目のくぼみ、全体のしぼみ、たるみ

ビーグレンのアイケアは、長時間に渡って成分を留め、効果を持続させると共に、デリケートな皮膚への優しさも兼ね備えている画期的ケア用品です。
独自の浸透技術で、目元の若さに必要な有効成分を複数同時にアプローチ。様々ある悩みすべてに対応します。
中でも特筆したいのが上下まぶたの両方が同時にケアできる点。
落ち窪んだまぶた(サンケイアイ)は、「老け顔」「疲れ顔」の象徴。しかも一度定着するとなかなか解消が難しいものなんです。
目の下のたるみ化粧品は多いですが、ビーグレンは、まぶた全体をカバーできる頼もしい存在。「いまさらケアを始めても手遅れかも…」なんてあきらめる必要はありません!

Gracieux グラシュー

抗シワ製品評価試験で効果があることを認められたアイケアクリーム

気になるのは…
乾燥小ジワ、ちりめんジワ

グラシューは、目もとの悩みの解消のために皮膚科医と共同開発したアイクリームです。
抗シワ製品ガイドラインに基づいた試験でシワに対する効果が認められており、エイジングサインが気になり始める30代前半から40代、50代、60代の悩みにも応えられる実力派パーツケアとして多くのメディアにも取り上げられています。

アイキララ

コンシーラー要らずの明るい目元に!

気になるのは…
皮膚痩せによる影クマ

寝不足や疲れで濃くなる目の下のクマ!
いつもコンシーラーでごまかしていませんか?
原因が「目の下が痩せた事による影」なら、アイキララがおすすめです。
くぼみをふっくらさせるにはコラーゲンによる弾力が不可欠。アイキララはコラーゲン生成をサポートするビタミンC誘導体をたっぷり配合しているので、くぼんだ皮膚を内側から持ち上げてくれます。
ハリ感が蘇り、よどんだ目元がスッキリ明るくなるのでメイクで隠す必要がなくなりますよ!

アイケアは専用クリームが絶対おすすめ!

目の周りの皮膚はほかと比べて3分の1程の薄さ。外的刺激を受けやすく、とてもデリケートなのでケアは慎重に行わなければなりません。
「わざわざ専用品を使わなくても高機能化粧品をたっぷり使えば大丈夫」と考えている方も多いですが、クリームの厚塗りは目元の負担が大きすぎることも。
また、繊細な目元に擦る、押す、などの強い力はご法度ですが、顔全体に使うようなケア用品だと目だけ力を入れずに丁寧に、とはなかなかいかないのが現実ですよね。
つい、頬やおでこに塗るのと同じ感覚、力加減で塗ってしまいがちです。
その点アイクリームなら、目だけに使う化粧品なので力を入れないよう意識して塗ることができます。
やはり、アンチエイジングを本格的に始めたいのならアイクリームや目元美容液などの専用品を選ぶのがベストです。
デリケートな部分だけに低刺激で仕上げている上、必要な成分だけを凝縮して配合しているので、不要な刺激は与えずピンポイントで効果が発揮されます。
目は顔の印象を左右する最重要パーツですので、正しい方法で行いましょう。

アイケアは何歳から始める?

目の周りや口元、首、デコルテ、手の甲など、年齢が出やすいパーツは早めに専用ケアを始めるのがベストです。
ひとつひとつやるのは手間がかかると言う方は、年齢が出やすい目元ケアから始めるのが良いでしょう。
目の印象が若ければ顔全体が若々しく見えるので、美意識の高い人は20代からを始めていたり、複数の美容液を朝、夜などの時間帯によって、乾燥度合いが違う季節によって使い分けていたりします。
目の下のたるみ化粧品からクマ、小じわに対応するものなど悩み別で種類は豊富にあります。目立った衰えがない時期からはじめるなら、高価なものでなくてもOK。
まずはすべての肌老化に繋がる乾燥を防ぐ保湿力を高めるものを選び、年齢や状態によりケア用品を変えていきましょう。
形状もクリーム、美容液、ジェルなど様々ありますが、自分にとって使い心地の良いテクスチャーのものを選ぶと続けやすいです。
目に見えるエイジングサインがないとなかなか踏み切れませんが、老いを感じる前にアンチエイジングを始めると数年後に同世代との「差」となって現れます。
アイシャドウやマスカラなどの化粧栄えは健康的な目元があってこそ。 数年後に「やってて良かった」と思えるよう、早めのケアを心がけましょう。

▲このページのトップへ